お年寄り

故人も遺族も悔いなし

老人

終活をすることによって、故人にも遺族にも悔いが残らない最後を迎える事が可能となります。自分の意思をちゃんと表明する事によって、皆が納得しますし、トラブルになる可能性も低くなります。

Read More...

自分の気持ちを確かめる

老人

終活の為にエンディングノートを書くことによって、気持ちの周辺整理をする事が出来ます。ノートを見た方も納得する内容となっており、亡くなった後の行動も円滑になります。自分の意思を伝えるのに最高の手段となります。

Read More...

悪徳業者から遺族をガード

老人

葬儀の内容を決める事は終活の中でも大切な事の一つとなっています。自分のラストを決めるだけでなく、遺族達にとってもメリットが多いのです。そのため、生前のうちで内容を確定させておくとよいのです。

Read More...

ラストの在り方を決める

老人

自分の最期を決める事はとても大切と言えるでしょう。自分の気持ちを整理する事にもなりますし、残された方々の混乱も少なくなります。そのため、終活という言葉が流行となってきており、年々終活を行う方が増えて来ているのです。終活として行う事は人それぞれですが、基本的に行う事柄として、エンディングノートの作成、遺言書の作成、葬儀の内容や金額の確認、お墓の用意などを行う必要があります。これらの事柄を決めておくことで、残された方々への負担をかなり減らす事が可能となります。自分のラストを決める事も出来るので、自分が納得する方法を選択出来る事もメリットとなるでしょう。自分が生きた証となる事も多く含まれています。全ての項目をしっかりと行う事で最後の最後まで自分らしく生きる事が出来るのが終活の最大の魅力なのです。

エンディングノートや葬儀の内容は自分で決める事が出来ます。専門の業者などに依頼することも可能ですが、自分のやり方で好きにする事も問題ありません。エンディングノートも好きなように書く事が出来ますし、葬儀の内容も自分で決めて良いでしょう。お墓なども自分が好むデザインにすることも可能であれば、お墓を設置する地域なども自分で決める事が出来ます。トレンドとなってきている終活なので、色々な方法を選択する事が出来るようになっています。新しいサービスも増えていますし、専門業者なども増えて来ています。終活をきちんと行うことで、遺族の方々を悪徳業者などから守る結果ともなるので、決められる事柄は一つでも多く決めておくことが双方のためにもなります。自分のラストを華麗に飾るためにも、自分自身で考えてフィニッシュとするのも格好いい締めくくり方となるでしょう。